Blog

ご自宅での体幹強化法や柔軟性強化法などをコラム記事で

ダイエットのため基礎代謝を上げる食習慣や運動習慣なども解説

より実用的な情報発信を目指すにあたり、読んですぐ実践できるようセルフトレーニング法や生活習慣の見直し法などを、プロのトレーナー目線で発信してまいります。

ジムでのパーソナルトレーニングのみでも相応に成果が上がりますが、ご自宅で毎日しっかりとセルフトレーニングやストレッチなどを継続することで、その成果はより高まっていくでしょう。何より、自己流でバルクアップやダイエットに臨んだ結果、無理なフォームでケガへと発展してしまうことのないよう、しっかりプロのトレーニング知識を学ぶ姿勢も大切です。

  • 水分

    水をたくさん飲むメリット

    2021/12/26
    私はよくトレーニング指導させていただくお客様に 「水は1日どれくらい飲みますか?」とお聞きします。 ダイエットを行うにしろ、筋肉をつけたいにしろ 健康的な身体でなければいけません。 そ...
  • 亜鉛

    亜鉛が不足すると、、、?

    2021/12/19
    亜鉛とはどういったものかしています? 身体内に約2g存在し、主に皮膚や骨、筋肉などに含まれます。 普通の食事を摂っていればまず不足することはないと 言われていましたが、近年亜鉛不足と...
  • 脚が太い

    スクワットで足が太くなる人の特徴は?

    2021/12/10
    「筋トレを頑張っているんですけど 中々脚が細くならなくて、、、 むしろ太くなっている気がします。。。」 こんな悩みはありませんか? 私の指導している女性のお客様でもいらっしゃいます。 ...
  • ダイエット リバウンド

    食べないダイエットは痩せにくい

    2021/12/03
    食べなければある一定までは痩せることはできます。 ただデメリットがたくさんです。 そういった食べないダイエットのデメリットについて書いていきます。 1、エネルギーを消費しない身体になっ...

NEW

  • 水をたくさん飲むメリット

    query_builder 2021/12/26
  • 亜鉛が不足すると、、、?

    query_builder 2021/12/19
  • スクワットで足が太くなる人の特徴は?

    query_builder 2021/12/10
  • 食べないダイエットは痩せにくい

    query_builder 2021/12/03
  • 疲れの原因は呼吸

    query_builder 2021/11/19

CATEGORY

ARCHIVE

スポーツの上達やダイエットを志して、ご自宅で自己流のトレーニングを進める方も多くいらっしゃいます。その際、適切な身体の使い方ができていれば問題ないのですが、もしそうでなかった場合は、遅かれ早かれケガをしてしまう可能性も懸念されます。一旦捻挫や肩痛などが慢性化すると、思うようにトレーニングできずに結果的に長期休養を余儀なくされてしまいます。そうならないための選択肢は、ジムに通ってプロのトレーナーに指導を受けるか、正しいトレーニング理論を学ぶことです。

ブログでは後者のやり方を選択した方が、ケガなく健康的にトレーニングが進められるような実践的なノウハウを発信してまいります。さらに、バルクアップや体感強化が期待できる栄養管理法や、ケガを予防する生活習慣の見直しポイントなどもご紹介いたします。そうすることでより多くの方が、ご自身でトレーニングやダイエットを進められるようバックアップしてまいります。